浅沼芳征さん /認定No.042542 酒販店

唎酒師を取ることで、多角的な目線が養えます


当初は、いわゆる町の御用聞きの酒屋でしたが、海外研修旅行で父がワインに目覚めて力を入れるようになり、それならばと母は日本酒を担当、1994年に唎酒師の資格を取得しています。

唎酒師の資格取得を会社がバックアップしていますが、それは洋酒が専門担当の人であっても、唎酒師を取ることで、多角的な目線が養えると思うからです。チームワークを大切にしながらも、資格を活かしてお客様から個人指名されるような店が理想的です。